ラーメン通販 ラーメンサブスクリプション

おうちで北海道をリアル体験

ラーメン通販
ラーメン通販 ラーメン通販 ラーメン通販 ラーメン通販 ラーメン通販
ラーメン通販
  • トップページ
  • >
  • ラーメン札幌 一粒庵 元気のでるみそラーメン 1食

ラーメン札幌 一粒庵 元気のでるみそラーメン 1食

通常価格:¥972 税込
¥972 税込
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
味噌は米、大豆、羅臼産のラウシップという塩に至るまで100%北海道産の素材を使ったブレンド味噌で芳醇でコクのある理想のスープ。

東海大学と共同開発した滋養強壮効果の高く、かつにおわない浦幌町の「にんにく行者」をトッピングした「元気のでるみそラーメン」。

麹や酵母が醸して作り出す深みのある自然な味わいと行者ニンニク粉末を配合した味噌ラーメンと道産小麦100%の自家製麺の組み合わせはここ「ラーメン札幌 一粒庵」ならではのラーメンです。

商品は冷凍の、「麺」・「スープ」・「具材(チャーシューとメンマ)」がセットとなっております。

スープ、具材を湯煎して、麺を茹で合わせてお楽しみ下さい。詳細はリーフレットを送付致します。



※お支払いはクレジットカード払いのみとなります。

※別途、所定の送料を申し受け致します。

※写真・盛り付けはイメージです。


【北海道産味噌】
北海道で味噌づくりの動きが起こるのは、幕末、幕府直轄地となってから。幕末屈指の近江の豪商として有名な江差(えさし)の豪商・鈴木甚右衛門が、箱館奉行に対して、蝦夷地で味噌を作り、江戸・大阪・北陸・中国地方で売りさばき、官御用味噌としておかみに納入し、払い下げを受けるなどのアイディアを出していましたが、実行に移されず、やみくもになりました。

その後、明治政府が蝦夷地を北海道と改称し、屯田兵が開拓を始めたころ、食料はほとんどない地からの移入で賄っていましたが、特に米と味噌は「米噌」と呼ばれ、大切に扱われたそうです。移入味噌で主流を占めたのは、津軽味噌や佐渡味噌。特に東北や北陸から多く北海道に移植したため、故郷の味を懐かしんで求められたようです。
次第に、北海道で味噌の製造がはじまり、農業開拓によって道内で良質な大豆が生産されるようになると同時に、味噌や醤油の製造も盛んになりました。
品質面では当初、津軽味噌や佐渡味噌の模倣でしたが、時間を経るにしたがって、オリジナリティのある味噌が出てきました。北海道の味噌は赤色・淡色ともに工事の使用量が多く、長時間熟成させるのが特徴です。これが味噌ラーメン特有の濃厚なうまさの基盤になっています。

【味噌の栄養成分】
味噌の原料になっている大豆は必須アミノ酸を含む20種類のアミノ酸を含有しています。それが味噌になると、発酵熟成という工程が加わり、消化吸収が促され、さらに老化を食い止める抗酸化作用が加わります。ビタミン類も豊富で、若返り成分のビタミンE、疲労回復のビタミンB群、余計な塩分の排出を促すカリウム、神経の昂りを抑えるカルシウム、コレステロールを下げるリノール酸、貧血を防ぐ鉄分、整腸作用のある食物繊維と、味噌は栄養満点な食べ物です。